整体講習受講生募集

症例
施術前

施術例
施術後


PRYバランス療法は、アプライドキネシオロジー(AK)の考え方を応用して私独自の理論で作り上げたものです。

施術する場所が分かるというTP検査という検査法を取り入れました。

このTP検査を取り入れることによって、施術部位を絞り込めるようになり、施術時間の短縮そしてなにより一番の収穫は、無駄な刺激を被施術者に与える事がなくなったため、施術効果が向上したことです。

施術方法も、全く違った発想の基に変更を加えました。


その他に、B操法、C操法もあります。



検査

椎骨の棘突起に順番に軽く押圧を掛け、その反応を殿屈検査などで見ます。

一番殿屈検査が揃った椎骨を施術する部位に決定します。

その椎骨に関連する反応点に施術します。


この検査方法を、施術部位( therapy part)の頭文字をとってTP検査と名づけました。


施術方法

施術方法は、TP検査で見つけた椎骨に対応した反応点を施術するわけですが、3種類の反応点を使います。

3種類の反応点とは、体の前後・回旋(捻れ)・左右(重心)のゆがみに関係する反応点です。

前後・回旋・左右の歪みに関係のある反応点を、それぞれ一ヶ所づつ操作します。


3ヶ所の反応点だけの操作というのは少ないように思われますが、先に言ったようにどこを施術すれば効果が一番出るかという事を、TP検査で見つけていますので、3ヶ所の反応点の操作のみで十分目的を達する事が出来ます。

目的というのは、言うまでも無く体のバランスを整えることです。

どんな施術法でも、施術が上手くいけば、体のバランスが整い症状が改善されていきます。

※上記した検査法、施術法はA操法についての説明です。



受講費 

    A操法 200,000円(全3回)

    B操法+C操法 300,000円(全5回)
     
     
定員:6名

場所:可児市内

日時・場所:随時

講師:斉藤年彦

お願い
・録画、録音はご遠慮願います。(メモはおおいにおとり下さい。)

・持参品
 ジャージなどの動きやすい服、タオル

お問い合わせ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)