施術前後の確認の検査

私は施術の時、立位で体の歪みを確認してもらうのに、施術前と施術後に反り腰の検査をします。

この検査は結構インパクトがあるようです。

バンザイ検査、殿屈検査、腹屈検査の場合は、説明しても

いまいちピンと来ない人が多いですので、あまり説明をしません。


それよりも、この反り腰の検査をしたほうが、施術効果を納得してもらいやすいです。

お腹が出ていたのが、反り腰の改善によりお腹がへこむと喜ばれる人もいます。

特に女性には喜ばれます。


また別の検査としては、伏臥位での両膝を強めに屈曲すると

腰に痛みが走ったり、首のツッパリが出る人が施術後に

そういった症状が改善すれば納得されます。


ただ、ギックリ腰のような急性の症状の時はこういった検査を使いません。

それは、症状が悪化する危険性があるからです。

検査をする時のハードル

手技療法をする人は、施術前と施術後にいろいろな検査をします。

筋肉テスト、O―リングテスト、フィンガーテスト、その他整形学テスト、

そして体のゆがみを調べる検査などです。

これらの検査は、正確に使いこなすには習得するのに練習が必要だと言われています。

私はこれらの検査を正確に使いこなすには

技術的な問題はもちろんクリアーしなければならないと思います。

でも、それにプラスしてさらに大事なことがあると考えています。

それは、検査をする時に術者の想念が入ってしまうことです。

術者の想念が入ってしまうと、簡単に検査結果が変わってしまいます。

私は、過去に思いのエネルギーで施術するというセミナーを受講したことがあります。

思いのエネルギーというのは想念エネルギーのことです。

その思いのエネルギーを使うと簡単に体のバランスが取れます。

例えば、右脚が長くて左脚が短いとします。

右脚の長さと左脚の長さが揃うようにと思うと一瞬にして足の長さが揃ってしまいます。

ただし、しばらくすると元の状態に戻ってしまいますが。

でも一時的にしろ足の長さが揃ってしまうと、施術が上手くいったと思ってしまいます。

しかし、実際には体の変化は一時的ですので施術は上手くいっていません。

又、施術をやって最後の確認の検査をする時も注意が必要です。

それは、施術をしたのだから例えば殿屈検査で左右の足も揃っているだろうという

思い込みが入り自分で左右の足を揃えてしまうことです。

ですから実際には殿屈検査で左右の足は揃ってないわけです。

そんなことはないだろうと思われる人もいるかもしれませんが

結構こういう失敗をやる人は実際に多いのです。

検査を覚えるには技術的なハードルもありますが

上記したようなこともありますのでなかなか使いこなすには難しいわけです。



体のゆがみ方を調べる検査

施術の際に体の歪みを調べる検査は無痛整体系、バランス整体系などでは

膝関節の可動をみる殿屈検査、股関節の可動をみる腹屈検査、肩関節の可動を

みるバンザイ検査などがあります。

一方カイロプラクティックなどでは、脚長差や腕長差をみる検査があります。

これらの検査は体の一部分の関節の動きや長さの違いをみることによって、

体全体の状態をみています。

私の場合は、バランス整体系の研修会に在籍していましたので

殿屈検査、腹屈検査、バンザイ検査を使うことが多いです。

これらの検査は体の歪みをみる目的で使われることが多いですが

操法を行う方向や刺激の強さなどを決める時にも使える便利なものです。

操法を行う方向や刺激の強さなどを調べるには、鍼灸、アプライドキネシオロジー

などで使われている筋肉テスト、オーリングテスト、フィンガーテストなどの

検査法もありますのでそれらを使っても良いのですが、使いこなすのに

非常に難しいようですのでそれらの検査法を採用することは断念しました。

一方バンザイ検査などの検査法は、左右の関節の可動の違いを直接目で見る

ことが出来ますので左右の微妙な違いを判定する時に容易ですし

筋肉テストなどに比べて比較的簡単です。

とは言っても、バンザイ検査などの検査法も一見単純で簡単そうに見えますが、実は奥が深いです。

正確に使うには練習が必要です。

でも、これらの検査が出来なければ施術も上手くいきません。

ところで私は、これまでにいくつかの施術法を考案しましたが

すべてバンザイ検査などを使っていろいろ試して施術法を作り上げました。

ですから、これらの検査法がなければ施術法も考案出来なかったわけです。

そして施術をする際にもなくてはならない検査法です。