予備操作などは必要なのでしょうか?

手技療法では、操法を行う前に予備操作や操法を安定させるための操作を行います。

例えば、整体、カイロプラクティックなどの関節調整の前に

調整する関節の周りの組織や全身の組織の緊張を和らげる操作をします。

いわゆるほぐしと言われる操作です。

そういった操作をすることによって、調整した関節の効果を高めるわけですが

実際には、理論どおりにはいかないようです。


ですから、O脚矯正、骨盤矯正を謳って施療を行っても

元の状態に戻ってしまっては、クライアントの信頼を得られません。

まあ、そうは言っても、私も過去に同じようなことをやっていた時期がありましたから

偉そうなことは言えませんが。

ただ、私の場合予備操作は手技で行うのでなく、低周波治療器を使うことが多かったです。


現在は、そういった予備操作の類のような操法はまったくやっておりません。

重要なポイントだけを操作するのみです。