PRYバランス療法の利点

PRYバランス療法では、こちらで書いたように

検査によって施術する部位を見つけ施術をします。

こうすることによって、いろいろな利点があります。

1.施術時間を短縮できる

施術時間が長いほうが良いという風潮があります。

リラクゼーション目的の施術なら、施術時間の長さを求めて

施術を受けられるわけですから、それで良いと思います。

しかし、症状がある時に、長時間同じ姿勢でいることは結構苦痛です。

短時間に施術が終了するわけですから、そういうことを防止できます。


2.過剰刺激の施術になることを防止できる

施術部位を決めずに施術した場合、どうしても体をあちこち施術しますので、

どうしても刺激過剰の施術になりがちです。

その場は、施術によって症状が緩和したとしても、刺激過剰の施術をすると

持続性が落ちてしまいます。


3.施術に自信を持てる

施術者は、自信を持って施術を行うことは大事です。

施術効果というのは、施術の刺激効果だけではありません。

施術者が自信を持って施術を行うと、安心感を与えることが出来ますので

いわゆるプラシーボ効果が働きやすくなり、施術効果もアップすると思います。

そして、信頼関係も生まれやすくなると考えます。