施術部位の特定

手技療法で施術部位を特定するということは難しいです。

カイロプラクティックのDCの先生方でも、苦労されているようです。

足首を捻挫して足首のところが痛むとか、突き指をして指が痛むということでしたら直接その痛むところを施術すれば症状はなくなりますので何も問題はありません。

しかし、何もしていないのに例えば腕が痛くなったとすると、さてどこを触ったら腕の痛いのが良くなるのかとなります。

常識的考えれば、腕に関係するところを検査してみて原因が特定されればそこを施術すればだいたい腕の痛みはなくなります。

ところが、腕に関係するところを検査してみて目星をつけてここだろうと思って施術して少し痛みは良くなるが、結果がどうもということがあります。

そうなると、体中を調べて問題のありそうなところ(問題のある所は筋肉に硬結があります)を一つ一つあたっていって施術するということになります。

それで問題が解決すればよいのですが、それでも全身をくまなく探るということは検査の時間がかかってしまいます。

そこで私は視点を変えて考えました。

「ここを触って欲しい」という体自身が発する声(いわゆるボディーランゲージ)があると思いいろいろ調べました。

調べた結果、頚椎から仙骨まで順番に指で押圧すると一ヶ所だけ他の椎骨と比べて反応が大きいということが分かり、そこを施術してみると一番体のバランスが整うということが分かりました。

脊椎の一ヶ所を調整することによって全身の筋肉の硬結部分に影響を与えてその緊張を緩和させることができるわけです。(脊椎の一ヶ所といいましたが、実際の施術はその椎骨に関連するポイント3ヶ所に刺激を与えて行います)

この方法を使うと検査・施術する時間が短くて済みます。

体を施術する前に体中を調べる検査を行って施術する方法は、なにより時間もかかりますし見落としが出てくる恐れがあります。

見落としがあると、施術してもあまり体のバランスが整いませんし症状が改善されないことも出てきます。

私の考えた方法ですと、見落とすということはありません。

体のバランスを整えるというと、何か力で強引に背骨を矯正して骨格を形だけ整えるというようなイメージがあります。

しかし、私のやっているのは、ほとんど力を使わず施術ポイントに触れるだけのような刺激で施術します。

決して強引な施術方法ではありません。

10年20年の慢性の症状の人をこの方法で検査して施術してもすぐに劇的に変化する人ばかりではありませんが、少なくとも何らかの変化を感じていただけます。

良くなっていく兆候を感じていただければ、慢性の症状の人に希望を持っていただけます。

PRYバランス療法の検査・施術方法