他のバランス療法との違い

無痛バランス療法、バランス療法、バランス整体など、

身体の歪みを観て、身体の調整をする会がいくつかあります。

それらの会では、上肢を使ったバンザイ検査、

下肢を使った殿屈検査、腹屈検査、4の字検査などの検査法があります。

それらの検査法は、検査によって体がどのように歪んでいるか、

また、どの筋肉が緊張しているか、弛緩しているかを観るための手段です。

それらの検査は、あくまでも体の状態を観る手段であって、

施術部位を決定するための検査ではないようです。


PRYバランス療法でもそれらの会と同じようにそれらの検査を使いますが

検査を行う目的がまったく違います。

それらの検査は左右の動きの差を観るための指標に使うだけですから

下肢長差、腕長差、またはOリングテスト、フィンガーテストを

使いこなせる人でしたら、それらの検査を使ってもらっても構いません。


PRYバランス療法では、検査を行う時に動きの左右差をシビアに観ます。

動きの左右差をシビアに観るのは、検査結果によって施術をする部位が決まるからです。


他のバランス療法では、検査を行う時の動きの左右差は、シビアに観ないようです。

と言うのは、シビアに観る必要がなく左右差が分かればいいだけのようです。