どこを調整すればいいのか

整体を行う時、どこを施術すれば一番症状が改善できるか

全ての手技療法家が考えることです。

そのために皆さんいろいろ勉強されているのだと思います。

いろいろなセミナーへ行ったり、独学で勉強されたりと。

私もいくつかのセミナーへ顔を出しましたが、どこを施術すれば一番良いかということは教わったことはありません。

たまたま私が行ったセミナーが、そうだったのかもしれませんが。

だいたいの技術セミナーは、部位別(頚椎部・胸椎部・腰椎部など)にこの部分をこのように操作すると、効果が出ますよという教え方をしています。

いわゆるマニュアル的な施術法です。

その方法でもある程度効果は出せます。

しかし、慢性化した症状や、体中いろいろなところに症状がある場合は、その方法では改善しにくいです。

部位別の施術法だと、症状が出ているところが多い場合、次々と操法を繰り出して結果的に過剰刺激になってしまいますから、あとが大変です。

それを防ぐには、どこを施術すると一番体のバランスが整うかを検査して施術するのが一番効率的です。

施術部位の特定


とは言っても、手技療法で施術部位を特定するということは難しいです。

足首を捻挫して足首のところが痛むとか、突き指をして指が痛むということでしたら、直接その痛むところを施術すれば症状は消えますので何も問題はありません。

しかし、何もしていないのに例えば腕が痛くなったとすると、さてどこを触ったら腕の痛いのが良くなるのかとなります。

常識的考えれば、腕に関係するところを検査してみて原因が特定されればそこを施術すればだいたい腕の痛みは消えます。

ところが、腕に関係するところを検査してみて目星をつけてここだろうと思って施術して少し痛みは良くなるが、結果がどうもということがあります。

そうなると、体中を調べて問題のありそうなところを一つ一つあたっていって施術するということになります。

それで問題が解決すればよいのですが、それでも全身をくまなく探るということは検査の時間がかかってしまいます。

そこで私は視点を変えて考えました。

「ここを触って欲しい」という体自身が発する声(いわゆるボディーランゲージ)があると思いいろいろ調べました。

調べた結果、頚椎から仙骨まで順番に指で押圧すると、一ヶ所だけ他の椎骨と比べて反応が大きいということが分かり、そこを施術してみると一番体のバランスが整うということが分かりました。

脊椎の一ヶ所を調整することによって、全身の筋肉の硬結部分に影響を与えて、その緊張を緩和させることができるわけです。

この方法を使うと検査・施術する時間が短くて済みます。

体を施術する前に体中を調べる検査を行って施術する方法は、なにより時間もかかりますし見落としが出てくる恐れがあります。

見落としがあると、施術してもあまり体のバランスが整いませんし、症状が改善されないことも出てきます。

私の考えた方法ですと、見落とすということはありません。

体のバランスを整えるというと、何か力で強引に背骨を矯正して骨格を形だけ整えるというようなイメージがあります。

しかし、私のやっているのは、ほとんど力を使わず施術ポイントに触れるだけのような刺激で施術します。

決して強引な施術方法ではありません。

10年20年の慢性の症状の人をこの方法で検査して施術しても、すぐに劇的に変化する人ばかりではありませんが、少なくとも何らかの変化を感じていただけます。

良くなっていく兆候を感じていただければ、慢性の症状の人に希望を持っていただけます。

どこを調整するかによって結果がかなり違う


手技療法にはさまざまな施術方法があります。

椎骨にアプローチしたり、筋肉にアプローチしたり、また筋膜にアプローチしたりして、いろいろな部位を調整します。

例えば、筋膜にアプローチするなら、どこの部分の筋膜にアプローチするかによって、結果が違ってきます。

腰に痛みがあるから、足を牽引して腰椎・骨盤部の筋膜を緩めるという手法(直接法)があります。

この手法はやり方を間違えると、変化が少ないか、または逆に悪化させるということになりかねません。

この場合の直接法は、施術する部位の直接法です。直接法ですから、症状のある部位を施術します。

施術部位の間接法は、症状とは離れた部位を施術する方法です。施術部位の間接法は、遠隔調整とも言います。

施術部位の直接法は、症状のある部位にアプローチしますので強い症状がある時は、上記したように症状を悪化させる可能性もありますので、より慎重に施術する必要があります。


一方間接法は、症状のある部位を施術しませんので、悪化させる危険性は少ないです。

しかし、逆に言えば、間接法は正確に調整をしないと、症状のある部位にあまり影響を与えることができないので症状の改善具合が少なくなります。


PRYバランス療法の考え方は、この施術方法の分類に当てはめると施術部位の間接法になるかなと思います。

ただ、施術する部位が症状のある部位になることもありますので、結果的に間接法と直接法の両方をやることとなる場合もあります。

身体の動きで施術部位がわかる?


施術をする時、身体のちょっとした動き(歩き方など)を見れば、どこを施術すればわかると言う人がいます。

ちょっとした身体の動きでわかるとすれば、身体の歪みなども触診などをしなくてもわかるはずです。

もし、そうだとしたらすごいことですが、私はその考え方に疑問を持っています。

なぜ疑問を持っているかと言いますと、身体の動きや歪みなどは結果であって原因ではないと考えているからです。

ですから、結果をいくら施術しても対症療法にしかなりませんので、たぶんそれほど効果は望めないでしょう。

身体の動きなどで原因がわかるとすれば、解剖の本がいろいろ出ていますから、それを読んで一生懸命勉強すれば施術ができるようになるはずです。

でも、現実にはいろいろな種類の技術セミナーに行って、施術が出来るように頑張って勉強している人が多くいます。

もちろん、技術セミナーに習いに行くには身体の基礎的なことがわかっていないと内容が理解できませんから、解剖などの本による勉強は必要です。

手技療法は、どこを調整すれば良いかを見つけることに尽きます


あるブログを見ていたら、オステオパシーの創始者のA・Tスティルは、オステオパシーをやる前は、磁気療法をやっていたそうです。

磁気療法は、俗に言う手かざし療法などのエネルギー療法を指します。

カイロプラクティックの創始者のD・Dパーマーが磁気療法をやっていたのは有名ですが、A・Tスティルが磁気療法をやっていたのは意外でした。

私もエネルギー療法のセミナーに参加して、やり方を習得しましたが、エネルギー療法のやり方を習得しても、それだけではそれほど効果は出せません。

なぜかと言うと、体のどの部分にエネルギーを加えるかが分からずに施術を行っても、それほど効果が出せないからです。

逆に言えばエネルギー療法を習得しなくても、体のどこを施術すればいいかがわかれば、どんな刺激でも、かなり効果が出せます。

刺激は、手技でも、電気療法でも、超音波でも、カラーセラピー(色彩療法)でもなんでもかまいせん。

要は、刺激するべき部位にしっかり刺激が伝われば、どんなものでもいいわけです。

もちろん、刺激するものによって刺激の仕方を工夫する必要はあります。


いろいろなセミナー、研修会に参加してテクニックを身につけるために勉強している人が多いです。

しかし、テクニックばかり身につけても、あまり意味はありません。

テクニックを数多く身につけたとしても、どこを施術したら良いのかわからなければ、宝の持ち腐れになってしまうということです。