整体講習受講生募集

症例
施術前

施術例
施術後


PRYバランス療法は、アプライドキネシオロジー(AK)の考え方を応用して私独自の理論で作り上げたものです。

施術する場所が分かるというTP検査という検査法を取り入れました。

このTP検査を取り入れることによって、施術部位を絞り込めるようになり、施術時間の短縮そしてなにより一番の収穫は、無駄な刺激を被施術者に与える事がなくなったため、施術効果が向上したことです。

施術方法も、全く違った発想の基に変更を加えました。


その他に、B操法、C操法もあります。



検査

椎骨の棘突起に順番に軽く押圧を掛け、その反応を殿屈検査などで見ます。

一番殿屈検査が揃った椎骨を施術する部位に決定します。

その椎骨に関連する反応点に施術します。


この検査方法を、施術部位( therapy part)の頭文字をとってTP検査と名づけました。


施術方法

施術方法は、TP検査で見つけた椎骨に対応した反応点を施術するわけですが、3種類の反応点を使います。

3種類の反応点とは、体の前後・回旋(捻れ)・左右(重心)のゆがみに関係する反応点です。

前後・回旋・左右の歪みに関係のある反応点を、それぞれ一ヶ所づつ操作します。


3ヶ所の反応点だけの操作というのは少ないように思われますが、先に言ったようにどこを施術すれば効果が一番出るかという事を、TP検査で見つけていますので、3ヶ所の反応点の操作のみで十分目的を達する事が出来ます。

目的というのは、言うまでも無く体のバランスを整えることです。

どんな施術法でも、施術が上手くいけば、体のバランスが整い症状が改善されていきます。

※上記した検査法、施術法はA操法についての説明です。



受講費 

    A操法 200,000円(全3回)

    B操法+C操法 300,000円(全5回)
     
     
定員:6名

場所:可児市内

日時・場所:随時

講師:斉藤年彦

お願い
・録画、録音はご遠慮願います。(メモはおおいにおとり下さい。)

・持参品
 ジャージなどの動きやすい服、タオル

お問い合わせ

色眼鏡をかけて見ると・・・

先月受講された人から電話連絡がありました。

この人は、経験はまったくありませんが飲み込みが早いようです。

一回の受講でほとんど習得された感じです。

知識の方は受講される前に他で勉強されているのでまったくゼロとは言えません。

昔から、なにか新しいことを習得する時になまじ経験があって知識もあると

知識が邪魔して習得を遅らせると言われます。

でも、知識や経験はないよりもあったほうが習得するには有利だと思います。

この人の飲み込みが早いのは理解力が優れているということももちろんでしょうが

なんと言っても、色眼鏡をかけて見てないということが大きいと思います。

色眼鏡をかけて見ずにありのままに見れば、理解力が普通の人でも

習得が遅くなるということはないでしょう。

知識が邪魔をすると言われているのは、まったく違った価値観の知識があると

その知識が色眼鏡となって習得を遅らせるのでしょう。

もし同じような価値観の知識なら、あるほうが有利に決まっています。

このブログを見られてぜひPRYバランス療法を習得しようと思われた方

まったく違った価値観の知識をお持ちの場合、

一旦その知識を封印して受講されることをお願いします。



昨日プレセミナーをやりました

昨日プレセミナーを行いました。

昨日は2名の方の参加ですから、セミナーと言っても恥ずかしいくらいです。

昔からある寺子屋方式と言った方が良いくらいです。

私一人で指導をしていますので、二人とか三人位の人数がちょうど良い人数かもしれません。

多くても、6人位まででしょうか。

それ以上の人数ですと、多分一人ひとりに眼が届かないと思います。

それはともかく、昨日の2名の方がPRYバランス療法に興味を持たれた理由をお聞きしました。

その理由は、当ブログに書いてある施術後の体のゆがみの戻りが少ないということに賛同されたからだそうです。

日頃施術をされている人だと理解されていると思いますが、整体の施術を

受けられるほとんどの方は慢性の症状をお持ちです。

それも、10年20年以上の慢性の症状も珍しくありません。

そういった症状の方を施術して少しでも改善の方向に導くようにするには、

最低限施術した後、体のゆがみが元の状態に戻らないように施術して

いくことが必要と考えています。

この時の元の状態というのは、施術前の状態を言います。

地方セミナー

セミナー開催の告知を始めて1年少しになります。

このブログとアメーバーブログ・シーザーブログとブログ以外には告知していません。

そのせいかセミナーに参加された方は、そんなに多くありません。

でもその参加された少数の方ですが、喜んでいただいております。

遠方の方もブログを見られて、多分興味を持たれている方もおいでだろうと思います。

そういう方の為にこちらから出向いて出張セミナーを行いたいと考えています。

参加人数5名以上でしたら、遠方でも伺います。

整体施術の習得は形から入る?

以前行っていた研修会では、いろいろな操作法を教わりました。

足首の調整・股関節の調整・肩関節の調整・手首の調整する方法などです。

例えば、足首を調整して調整が上手くいけば、体の連動で全身に調整力が及び姿勢が変化し症状が緩和されます。

足首の調整の操作自体は、シンプルな動きなのですが理屈が分からずほとんど使用しておりませんでした。

他の研修生の人も私と同じで、理屈が分からず難しいと言っていたように記憶しています。

しかし、解剖書を何度も何度も読んだり、他の整体などを参考にしていろいろ考えているうちに操作の意味が分かりました。

操作の意味が分かると、操作自体はシンプルな動きですから不器用な私でも簡単にできるようになりました。

一つの操作の意味が分かると、他の操作も考え方は同じですから簡単に出来ました。

他の整体のセミナーでは、施術法というのはまず形を覚え練習してそれからいろいろ考えなさいと指導されます。

私もそのように教わりました。

今でもそのように指導する、研修会が多いようです。

しかし、私は逆のように思います。

まずその操作法のやり方と意味を一通り説明してもらって、それから練習するのが順番かと思います。

そうすれば練習するうちに、操作のコツなども徐々に分かってきて正確な操作ができるようになり施術結果もあがってくると思います。

逆にまず形を覚えて練習していく方法だとある程度さまになってくれば簡単な症状でしたら改善させることができます。

しかし、意味が分かって操作をしているわけではないので、まぐれの施術になるような気がしますので一向に施術が上達しないのではないかと思います。