整体講習受講生募集

症例
施術前

施術例
施術後


PRYバランス療法は、アプライドキネシオロジー(AK)の考え方を応用して私独自の理論で作り上げたものです。

施術する場所が分かるというTP検査という検査法を取り入れました。

このTP検査を取り入れることによって、施術部位を絞り込めるようになり、施術時間の短縮そしてなにより一番の収穫は、無駄な刺激を被施術者に与える事がなくなったため、施術効果が向上したことです。

施術方法も、全く違った発想の基に変更を加えました。


その他に、B操法、C操法もあります。



検査

椎骨の棘突起に順番に軽く押圧を掛け、その反応を殿屈検査などで見ます。

一番殿屈検査が揃った椎骨を施術する部位に決定します。

その椎骨に関連する反応点に施術します。


この検査方法を、施術部位( therapy part)の頭文字をとってTP検査と名づけました。


施術方法

施術方法は、TP検査で見つけた椎骨に対応した反応点を施術するわけですが、3種類の反応点を使います。

3種類の反応点とは、体の前後・回旋(捻れ)・左右(重心)のゆがみに関係する反応点です。

前後・回旋・左右の歪みに関係のある反応点を、それぞれ一ヶ所づつ操作します。


3ヶ所の反応点だけの操作というのは少ないように思われますが、先に言ったようにどこを施術すれば効果が一番出るかという事を、TP検査で見つけていますので、3ヶ所の反応点の操作のみで十分目的を達する事が出来ます。

目的というのは、言うまでも無く内臓などの機能を高めることです。

どんな施術法でも、施術が上手くいけば、内臓などの機能を高めることができ、その結果症状が改善されていきます。

※上記した検査法、施術法はA操法についての説明です。



受講費 

    A操法 200,000円(全3回)

    B操法+C操法 300,000円(全5回)
     
     
定員:6名

場所:可児市内

日時・場所:随時

講師:斉藤年彦

お願い
・録画、録音はご遠慮願います。(メモはおおいにおとり下さい。)

・持参品
 ジャージなどの動きやすい服、タオル

お問い合わせ

整体施術をするには基準となる考え方が大事

先日受講された人に、その人が今までに習った整体施術法を聞いてみました。

いろいろ習ったようです。さっそく、その中の1つの技術にPRYバランス療法の考えを方を当てはめてみました。その結果、新しいB操法の出来上がりました。


と言っても、それを使うわけでないですが、基準となる考え方があれば、短期間に新操法を作ることも可能です。

その基準となる考え方は、ある本を見て知りました。

でも、その本に書いてあることをそのまま使っているわけではありません。

それに私の考え方をプラスして、今のB操法の形になっています。


その本に書いてあったことは、かなり前に知りました。

しかし、それを応用する“すべ”を持たなかったので、長い間そのままになっていました。

でもなにかのきっかけで応用出来るようになりました。

今から思うと、なにがきっかけだったのかはっきり覚えていません。


それはともかく、今はネットで検索すれば、いろいろな技術を動画や文章で知ることが出来ます。

でも、知識を知るだけではそのままです。

その知った知識を応用するには、常に考えていないと新し物は生み出せません。


今は、A操法、B操法、C操法をはるかに超えるものがないかと考えていますが、

なかなかそれは難しいようです。


施術する時に気をつけること 指の極性

施術をするにあたって気をつけることはいくつかあります。

・刺激の強さ

・刺激の方向

・施術部位

などです。


それに加えて最近取り入れているのは、施術をする時に手指の極性に気をつけるということです。


手の指、掌、手の甲には極性があって

男性の場合

・右の第1指、3指、5指、掌、左の第2指、4指、手の甲がS極になります。

そして

・右の第2指、4指、手の甲、左の第1指、3指、5指、掌がN極になります。

女性の場合は逆になります。


この手の指、掌、手の甲に極性があることに気がついたのは、「筋診断法」を考案した河野忠男という鍼灸師の先生です。

鍼灸では、S極は「瀉法」、 N極は「補法」 というふうに使い分けをします。

「瀉法」は緊張を鎮め、「補法」は力を付けるとなっています。


私もこの指の極性を取り入れていますが、一般的なやり方はしておりません。

PRYバランス療法の考え方を当てはめて使っております。


この極性に気をつけて施術をすると、さらに体の整い方が良くなってきました。

歪みの分類の必要のない操法

体をいろいろ調べていると、気づくこと新しい発見があります。

以前こちらで、大きく分けて3種類のゆがみに関係する筋肉があって重心に関係する筋肉を調整すると、元の状態に戻らなくて前後、回旋に関係する筋肉を調整した場合は元の状態に戻ってしまうということを書きました。

しかし、いろいろ試してみると、やり方によっては前後、回旋に関係する筋肉だけを調整しても元の状態に戻らないということが分かってきました。

しかも、例えば前後の歪みに関係する筋肉1種類のみの調整だけでも全身を整えることが出来ます。


つまり、前後のゆがみに関係している筋肉だけで重心、回旋、前後の歪みが改善されるわけです。

そして、前後のゆがみに関係ある筋肉だけでなく、回旋のゆがみに関係ある筋肉を調整しても同じ結果が出ます。

ですから、この手法で施術する時は、重心、前後、回旋という種類分けをする必要がありません。


一方、他の流派の中では、こと細かに分類して体の歪みを調べて施術する所もあるようです。

前後の歪みも単純に前後のゆがみではなく、いくつかの種類に分けられるそうです。

そして、回旋の歪みも何種類かあるようです。

その分類した歪みに合わせた操法がありますので、操法の数も増え相当の操法の数になるはずです。

さらに、その操法も一つひとつ正確な操作が必要なようです。

確かに、そのように歪みをこと細かに分類して施術するわけですから、操法に熟練するようになれば、施術効果も上がるでしょう。


でも、すべての操法を熟練するようになるには、ある程度の年数がかかるはずです。

そうなると、施術結果を出すようになるまでに脱落する人も出てくるはずです。

私も過去の手技研系の研修会に参加していて、脱落した経験があります。

その時は、操法の数、歪みの分類云々以前に操法の意味がほとんど分からずに、施術していただけです。
施術結果といってもまぐれ当たりみたいな感じでしたから脱落しても当然かもしれません。

ただ、歪みの分類や操法についていろいろ教わったとしても、操法の数が膨大だとそれなりに熟練するのには年数がかかります。


その点、PRYバランス療法の操法は冒頭で書いたように、体の歪みをこと細かに分類したり部位別の施術はしませんので、操法の数はおのずと少なくなります。

いくつか数はありますが、別法ですから効果は同じです。

足踏み検査は、施術効果がはっきり分かる

平衡機能を調べる検査の中で、足踏み検査という方法があります。

やり方は、目を閉じてその場で足踏みをするだけです。

平衡機能に異常があると、立っている位置から体がかなり移動します。


私も以前やってみました。

だいたい50歩くらいの足踏みで、右に90度以上回転しました。

そして、立っていた位置からもかなり移動しました。

そして、自分で体を調整した後に足踏みをしてみると、大きく改善してだいたい5~10度くらい右に回転するくらいでした。

そして、立っていた位置からほとんど移動していません。

自分で体を調整してからだいぶ日にちが経っていますが、元の状態には戻っていません。

そのときの体調によって、多少の変動はあると思いますが、調整した時の状態をほぼ維持しています。

ところが、他の整体では元の状態に戻ることが多いようです。


ですから、この検査はある意味怖い検査です。

と言うのは、施術を受けた人が手軽にいつでも出来ますので、その整体の施術効果があるのかないのか、はっきり分かってしまうからです。