整体講習受講生募集

症例
施術前

施術例
施術後


PRYバランス療法は、アプライドキネシオロジー(AK)の考え方を応用して私独自の理論で作り上げたものです。

施術する場所が分かるというTP検査という検査法を取り入れました。

このTP検査を取り入れることによって、施術部位を絞り込めるようになり、施術時間の短縮そしてなにより一番の収穫は、無駄な刺激を被施術者に与える事がなくなったため、施術効果が向上したことです。

施術方法も、全く違った発想の基に変更を加えました。


その他に、B操法、C操法もあります。



検査

椎骨の棘突起に順番に軽く押圧を掛け、その反応を殿屈検査などで見ます。

一番殿屈検査が揃った椎骨を施術する部位に決定します。

その椎骨に関連する反応点に施術します。


この検査方法を、施術部位( therapy part)の頭文字をとってTP検査と名づけました。


施術方法

施術方法は、TP検査で見つけた椎骨に対応した反応点に対して調整を施します。

反応点は、一ヶ所のみです。

以前は、3ヶ所のポイントの調整をしていましたが、現在は、3ヶ所のポイントではなく、一ヶ所のポイントのみの調整に変更しました。

一ヶ所の反応点だけの操作というのは少ないように思われますが、先に言ったようにどこを施術すれば効果が一番出るかという事を、TP検査で見つけていますので、一ヶ所の反応点の操作のみで十分目的を達する事が出来ます。

目的というのは、言うまでも無く内臓などの機能を高めることです。

どんな施術法でも、施術が上手くいけば、内臓などの機能を高めることができ、その結果症状が改善されていきます。

※上記した検査法、施術法はA操法についての説明です。



受講費 

    A操法 200,000円(全3回)

    B操法+C操法 300,000円(全5回)
     
     
定員:6名

場所:可児市内

日時・場所:随時

講師:斉藤年彦

お願い
・録画、録音はご遠慮願います。(メモはおおいにおとり下さい。)

・持参品
 ジャージなどの動きやすい服、タオル

お問い合わせ

整体施術の習得は形から入る?


以前行っていた研修会では、いろいろな操作法を教わりました。

足首の調整・股関節の調整・肩関節の調整・手首の調整する方法などです。

例えば、足首を調整して調整が上手くいけば、体の連動で全身に調整力が及び姿勢が変化し症状が緩和されます。

足首の調整の操作自体は、シンプルな動きなのですが理屈が分からずほとんど使用しておりませんでした。

他の研修生の人も私と同じで、理屈が分からず難しいと言っていたように記憶しています。

しかし、解剖書を何度も何度も読んだり、他の整体などを参考にしていろいろ考えているうちに操作の意味が分かりました。

操作の意味が分かると、操作自体はシンプルな動きですから不器用な私でも簡単にできるようになりました。

一つの操作の意味が分かると、他の操作も考え方は同じですから簡単に出来ました。

他の整体のセミナーでは、施術法というのはまず形を覚え練習してそれからいろいろ考えなさいと指導されます。

私もそのように教わりました。

今でもそのように指導する、研修会が多いようです。

しかし、私は逆のように思います。

まずその操作法のやり方と意味を一通り説明してもらって、それから練習するのが順番かと思います。

そうすれば練習するうちに、操作のコツなども徐々に分かってきて正確な操作ができるようになり施術結果もあがってくると思います。

逆にまず形を覚えて練習していく方法だとある程度さまになってくれば簡単な症状でしたら改善させることができます。

しかし、意味が分かって操作をしているわけではないので、まぐれの施術になるような気がしますので一向に施術が上達しないのではないかと思います。

姿位の設定

自然

姿位の設定は操作したい部位を緩めやすくするために行う


姿位の設定というのは、操作したい部位を緩めやすくするために手や脚などの位置を決めることを言います。

操作する部位によって手の位置を決める場合もありますし、脚の位置を決める場合もあります。

手の位置を決めるか、脚の位置を決めるかは施術部位によって決まります。

そして、操作部位によって手や脚の位置も決まっています。

ただ、操作部位によって手や脚の位置が決まっていると言っても、その時の受者の体のゆがみ具合によって、毎回位置は違ってきます。

こういった細かい設定などは、他の整体のやり方を参考に自分で研究しました。


ところで、オステパシーのカウンターストレインも姿位の設定を行って施術を行っているようです。

カウンターストレインの場合は、手足の位置を決めるのではなく、調整したい椎骨によって体幹の位置を決めています。

ただ、腸骨や四肢を施術するときは、手脚の位置を決めるようです。

姿位の設定をすると体の整い方が違う


以前、ある実験をしました。

それは、姿位の設定をした時としない時では、体の整い方がどれだけ差が出るかというものです。

実験で使うやり方は、エネルギー療法を使いました。

実験の結果は、姿位の設定をした時を100とすると、姿位の設定をしない時は50~60位の体の整い方でした。

体の整い方を判定するには、バンザイ検査を使いますので、簡単にわかります。

姿位の設定をしない時は50~60位の体の整い方ですから、筋肉の緊張と弛緩のバランスの取れかたも50~60になるわけです。

当然施術をしたときは、症状の改善の仕方も弱いということになります。

実験ではエネルギー療法を使いましたが、体を刺激する方法はどんなやり方でもいいわけです。

骨をアジャストしてもいいし、筋肉を操作してもいいわけです。

何らかの刺激(エネルギー)を体に加えて体を変化させると、体から東洋医学で言う邪気が体から抜けて姿勢が整ってきて症状が変化していくわけです。

姿位の設定をすると邪気が抜けやすくなる


体が歪んでいる時の状態というのは、東洋医学的にいうと気の流れが悪くなっています。

何らかの方法で体が調整されると、滞っていた邪気は手や足の先から流れて行きます。

その何らかの方法で体を調整する時、姿位の設定をすると滞っていた邪気を流れやすくなります。

気の操作というと鍼灸や気功を思い浮かべますが、骨をアジャストしたり筋肉を操作して体を調整することも気の操作をしていることになるわけです。

姿位の設定の具体的な方法は、体の歪みが一番変わるポイント(椎骨)を見つけたあとそのポイント(椎骨)に対応した手や足の角度を設定します。

手足の角度を設定することによってより邪気が流れやすくなって、体の歪みが改善されていき症状が緩和します。

直接法と間接法

整体・カイロ・オステなどのいろいろなセミナーが全国で開かれています。

それぞれのセミナーでいろいろな手法の手技を講習していますが、殆どのセミナーでは、直接法の手技だけとか間接法の手技だけとかを指導されているのが現状です。

体というのは日々変化をしていますからそれに対応するために、直接法の手技と間接法の手技を使い分けて施術する必要があります。

すなわち、検査によって直接法の手技を施すべきと出れば直接法の手技で施術し、間接法の手技を施すべきと出れば間接法の手技で施術するのがベストです。

ですから、直接法の手技・間接法の手技の両方の手技を使うことが出来ても、どういう時に直接法の手技を使い関節法の手技を使うか分からなければ効果的な施術は出来ません。

操体法では、気持ちの良い方に操作するというのが定説になっているようですが、実際臨床の施術ではどうもそうではないようです。

気持ちの良い方へ操作するだけでなく、必要があればその反対側に操作することがあるようです。

ある方が操体法の創始者の橋本先生の直弟子の先生のセミナーに参加されたことがあるそうで、その直弟子の先生は他の先生に比べて特別に技術が上手だったそうです。

私が、直接法と間接法を使い分けた方が施術結果が上がるということを話したら、その直弟子の先生だけが特別上手な理由が分かったと言っていました。

多分直弟子の先生は橋本先生からいろいろ教わったのでしょう。

まあ、この話はあくまでもこちらの勝手な想像の話です。


整体の操法が上達した

PRYバランス療法を習われた人の話です。

この人私の施術を何回か受けていますが、最近その人が使っている整体のある一つの操法が上達したそうです。

その操法を3年ぶりくらいにやってみたら、上手に出来るようになったということです。

ここ3年間まったく使ってなくて、練習もしていないのに急に上達したそうです。

ちなみに、その操法はタイミングをつかむのが難しくて完璧に出来る人はほとんどいないそうです。

ではなぜ、急に整体の操法が上達したのでしょうか。

多分私の整体を受けられたために、右脳の働きが良くなったのでしょう。

右脳は、直感、ひらめきなどの感性に関係あります。

整体の操法をするには、感性が必要です。

もちろん医学的知識も必要ですが、それだけでは整体の操法はできません。

やはり、感性がないと整体の操法はできません。

ある意味、ピアノを演奏したりする芸事と同じく感性が必要です。

この人は、10年前に左の股関節を傷めています。

左の股関節(左半身)は、右脳と関係あります。

私の整体を受けられて、左の股関節の具合が良くなったため右脳の働きが良くなり、整体の操法が急に上達したのでしょう。

ですから、この人は元々整体の操法をする感性を持ち合わせていたものと思われます。

左股関節を傷めたため、右脳の働きが悪くなり整体の操法をする感性にブレーキをかけていただけなのでしょう。

左股関節の具合が良くなり本来の感性が戻ったということでしょうか。