ストレインカウンターストレイン(SCS)

花


ストレインカウンターストレイン(SCS)でもC操法と同じ効果が出せるようです


オステオパシーの調整法に、ストレイン・カウンター・ストレインテクニックという手法があります。

SCS(ストレイン・カウンター・ストレイン)の施術のやり方は、テンダーポイントと言われる圧痛点をモニターしながら、筋肉の緊張が一番緩むポジションを見つけて、一定の時間(約90秒)保持しその後ゆっくりと戻すというものです。

この操作をすることによって、緊張していて短くなっていた筋肉が正常な長さに戻り痛みが軽減します。

最近急に思い立って、このSCSをやってみました。と言っても、一般にやられているような方法でやったわけではありません。一般にやられている方法は、問題があると思われる筋肉を対象にSCSをします。

しかし、私がやったのは体全体のバランスを取る目的でSCSをしました。具体的には、上肢と下肢の関節の検査をして体が一番整う関節を見つけその関節に対してSCSをします。

一番体のバランスが取れるポジションに関節を持っていき、そのまま90秒その状態を保持して、その後ゆっくり関節を元に戻します。そして調整が出来たかどうかを検査します。結果は上々です。

しかも、普通にSCSをした時のように体の状態が元に戻ることがありません。つまり、C操法と同じ結果が出るわけです。

ただ、一番緊張が取れるポジションにもっていくのがなれないと難しいかもしれません。私は、すぐに出来ました。それは、手技研の操法と考え方が同じですので、理屈が分かっていれば考えたとおりにやれば、すぐ出来るというわけです。

ストレインカウンターストレイン(SCS)90秒保持する必要はない?


カウンターストレインをやってみてあれからずっと使っています。と言っても、カウンターストレインのやり方そのままではやっていません。

カウンターストレインは、筋肉の緊張がとれるポジションに関節を持っていき、90秒保持しその後ゆっくり戻すというのがセオリーになっています。しかし、ネットでいろいろ調べてみると、必ずしも90秒保持する必要はないようです。

このカウターストレインという手法は、筋肉の緊張が取れるポジションに姿位を持っていた後、ゆっくり戻すのが一番重要だそうです。これはネットでの情報です。

そして、このゆっくり戻す操作をやっていると、ある現象が起きはじめます。このある現象は、手技関連の本にも書いてありますし、手技研の操法をやっている時に数多く経験しています。

このある現象が起きれば、筋肉の緊張が取れ症状が緩和されます。この現象が起きるためには、筋肉の緊張が取れるポジションに関節を持っていく必要があります。

ただ、この現象が起きて、筋肉の緊張が取れ症状が緩和したとしても、それだけでは時間が経つと、体の状態は元の状態に戻ってしまいます。

そうならないためには、操作する関節を検査によって見つける必要があります。

ストレインカウターストレイン(SCS)は強い拍動がポイント


関節を組織の緊張が一番緩むポジションにもっていって、その後ゆっくりと戻すというのがカウターストレインのセオリーなのですが必ずしもゆっくりと戻さなくても効果は出るようです。

前回、ある現象が起きると書きましたが、関節を組織の緊張が一番緩むポジションにもっていき、その部分に手で触れているとその部分に強い拍動が起きはじめます。

つまり、ある現象とは血管の拍動のことです。この強い拍動が起きると、血液の循環が改善され組織の緊張が緩みます。この血管の拍動は小動脈の鼓動のようです。これは、オステオパシーを扱っている本に書かれていました。

さらに、関節を組織の緊張が一番緩むポジションにもっていくという操作をしなくても組織に触れているだけで小動脈の強い鼓動が感じられ、体が整っていきます。しかも、時間が経っても元の状態に戻りません。

普通、小動脈の鼓動を感じるようにするには、組織に触れて、いずれかの方向に引っ張るというような刺激を加える必要があります。

しかし、別段そのような操作をしなくても、組織に触れているだけで、小動脈の鼓動を感じるようになります。

組織に触れているだけで小動脈の鼓動が感じるのには、理由があります。それは、組織触れていると、鼓動を感じやすい部位と感じにくい部位があるので、その部位を探して指で触れるようにすればいいわけです。

もうここまで来ると、カウターストレインの元の形はありません。

でも結果が出ればオーライです。

手技研とアプライドキネシオロジー(AK)

PRYバランス療法の施術方法は、手技研の施術法とアプライドキネシオロジー(AK)の考え方を応用して作り上げたものです。

手技研療法の施術法は、手技研の系列の研修会2ヶ所に合計して2年数ヶ月位月に2回通っていましたので、だいたいの操法の操作は習得しました。

ただし、習得といってもその操法のおおまかな操作方法の形がわかっただけ

ですから本当の意味で習得と言ってしまうのはおこがましいかもしれません。

ただ、研修会を辞めてから、本やネットなどの情報を基に独学をして操作の仕方がわかるようになりました。

操作の仕方がわかって使ってみたのですが、いろいろと不備があることがわかりました。

そこでなにかいい方法がないか考えていて、アプライドキネシオロジー(AK)のことを思い出しました。

ご存知のように、アプライドキネシオロジー(AK)には施術部位がわかるTL(セラピー・ローカライゼーション)という検査法があります。

この方法は、筋肉反射を利用した検査法ですが、筋肉反射テスト、筋肉テストなどの呼び方をされています。

TL(セラピー・ローカライゼーション)を応用して手技研の操法を行うと、いろいろな不備がが解決しました。

ただ、現在は手技研の操法をそのまま施術には使っていなく、かなり改造して使っています。


整体手技と呼吸

整体は、呼吸にあわせて操作をするというのが常識になっています。

私が、この筋肉操作を習いたての頃操作も呼吸もよく分からず使っていましたが、それでもそれなりに症状が改善していたのが今でも不思議なところです。

手技療法の流派によって呼吸の使い方が全く逆でも、効果が出るということをどこかで見たような気がします。

逆の呼吸でも効いてしまうということは、呼吸を使わなくてもよい場合も出てきます。

その操作の刺激自体が、患者の治癒のスイッチが入るきっかけになっていれば呼気でも吸気でもどちらでもいいような気がしてきます。

でも呼吸に関係なく効いたのは、ちょうど患者の体が治る時期に来ていて、タイミングよくその操作の刺激によって治癒のスピードが加速したのかなと思います。

かなり前の話になりますが、呼吸を使わない方法で劇的に効果が出たことがあります。

その方は、私のところに来られたのは症状が出てから何ヶ月もたっておりました。

症状は結構ひどかったようなのですが、一回の施術でかなり効果がでました。

といっても症状は、その場では全く変わりませんでした。

1週間経って2回目に来られた時に聞いてみると、好転反応で主訴の部位以外のところに症状が出たそうです。

でも好転反応が出終わったら、主訴の部位がかなり楽になったようです。

体を調べてみると、一回目と比べるとかなり変化がありました。

一回目とは全然違いました。

この方は、私のところへ来られて劇的に変化が出たのは、ちょうどタイミングが良かったのかもしれません。

ちょうど良くなりかけだったのかもしれません。

ですから、施術に呼吸を全く使わなくても一回の施術によって症状が好転したのではないかと思います。

逆に症状が慢性化してしまっていて治りかけじゃなかったら、施術する時にシビアに呼吸を合わせないと変化が出なかったかもしれません。

症状が、軽微の場合や治りかけの場合は、正確な呼吸でなくても効果が出るようです。

しかし、症状が慢性化していている時は、正確な呼吸で操作する必要があるということです。