FC2ブログ

整体講習受講生募集

症例
施術前

施術例
施術後


PRYバランス療法は、アプライドキネシオロジー(AK)の考え方を応用して私独自の理論で作り上げたものです。

施術する場所が分かるというTP検査という検査法を取り入れました。

このTP検査を取り入れることによって、施術部位を絞り込めるようになり、施術時間の短縮そしてなにより一番の収穫は、無駄な刺激を被施術者に与える事がなくなったため、施術効果が向上したことです。

施術方法も、全く違った発想の基に変更を加えました。



検査

椎骨の棘突起に順番に軽く押圧を掛け、その反応を殿屈検査などで見ます。

一番殿屈検査が揃った椎骨を施術する部位に決定します。

その椎骨に関連する反応点に施術します。


この検査方法を、施術部位( therapy part)の頭文字をとってTP検査と名づけました。


施術方法

施術方法は、TP検査で見つけた椎骨に対応した反応点に対して調整を施します。

反応点は、一ヶ所のみです。

以前は、3ヶ所のポイントの調整をしていましたが、現在は、3ヶ所のポイントではなく、一ヶ所のポイントのみの調整に変更しました。

一ヶ所の反応点だけの操作というのは少ないように思われますが、先に言ったようにどこを施術すれば効果が一番出るかという事を、TP検査で見つけていますので、一ヶ所の反応点の操作のみで十分目的を達する事が出来ます。

目的というのは、言うまでも無く内臓などの機能を高めることです。

どんな施術法でも、施術が上手くいけば、内臓などの機能を高めることができ、その結果症状が改善されていきます。

※上記した検査法、施術法はA操法についての説明です。



受講費 

    A操法 200,000円(全3回)
     
     
定員:6名

場所:可児市内

日時・場所:随時

講師:斉藤年彦

お願い
・録画、録音はご遠慮願います。(メモはおおいにおとり下さい。)

・持参品
 ジャージなどの動きやすい服、タオル

お問い合わせ

ぎっくり腰になると炎症が起きるとは限りません


ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰になると痛みのある部分に冷湿布などを貼る人が多いです。

でも、ぎっくり腰になったからと言って炎症が起きるとは限らないのです。

ぎっくり腰の原因は2種類あります

・筋繊維の損傷によるもの

・内臓の影響によるもの

筋繊維の損傷によるもの

筋繊維の損傷によるぎっくり腰は、足首の捻挫と同じで、損傷部分を修復しようとして、痛みのある部位が腫れて炎症が起きます。

その場合は、アイシングをしたり冷湿布を貼ったりすれば痛みが緩和されます。

また、痛い部分の筋肉の緊張が強くなっていますので、痛い部分から離れた部分の筋肉の調整を行うと、筋肉の緊張が和らいで、痛みも軽くなります。

ただし、痛みのある部分の筋肉を調整した場合は痛みが悪化しやすいです。

内臓の影響によるもの

内臓の影響によるぎっくり腰は、筋繊維の損傷によるぎっくり腰と違って炎症は起きません。

ですから、アイシングをしたり冷湿布を貼ったりしても、痛みの変化は少ないです。

また、筋肉の調整も有効な方法とは言いがたいです。

このような場合は、内臓が関係していますので、その影響を減らすような調整が必要です。

このような場合は、東洋医学で言われる“気”の調整をします。

“気”の調整をすると、内臓機能の低下も改善し、腰の筋肉に対する影響も減りますので痛みも改善に向かいます。

目に見えないことが大事です

a0043_800x600.jpg


整体院では体の形(歪み)や体の動きを観察してそれを基に施術をする人が多いです。

体のゆがみとか体の動きというのは、目で見て確認できますから分かりやすいです。

でも目に見えることというのは、体からの情報とはしてはそれほど重要でなく、それを基に施術をしてもなかなか改善に結び付きにくいのです。

整体だけではなく整形外科の場合も同じです。

今は、MRIやCTなどの検査機器が進歩していますので体のすみずみまで画像で体にある異常を見ることができます。

しかし、画像に写ったことは実際には、体の情報とはしてはあまり使えません。

ですから、腰や首のヘルニアが発見されて手術をしても症状に変化が見られなかったり、逆に悪化してしまうということが起きるわけです。

実は、体に起きている目で確認することができない情報が大事なのです。

目に見えないことが大事だと言うと、非科学的だと批判されます。

でも、目に見えない情報(”気”の滞り)を確認して対処していくほうがはるかに結果が出やすいです。

私も、以前は他の人と同じように目で確認できることを基準にして施術をしていたこともありました。

しかし、その方法では満足できる結果が出ることが少なくありませんでした。

確かに、急性と言われる症状の場合には以前やっていた方法でも結果がでることもありました。

ところが、慢性と言われる症状にはあまり効果的ではありませんから、難儀をしたことも少なくなかったです。

その後、目に見えない情報(”気”の滞り)にフォーカスして施術するようになってからは慢性的な症状でも結果が出るようになりました。

関節の可動性は症状と関係ある?

関節の可動性の異常の影響で症状が出ていると考えている人が多いようです。

可動性の異常には、可動性が悪い場合と可動性が亢進している場合があります。

しかし、可動性の異常で症状が出るわけではありません。

関節の可動性の異常は、あくまでも結果であって、症状の原因とはなりません。

ですから、可動性を調べる検査(モーションパルペーションなど)をして、その結果を基に施術をしても改善しにくいです。

また、可動性に影響を与える関節周りの軟部組織の緊張も症状の原因になりませんので、緊張を取る施術をしても解決法とはなりません。

外傷を除いて、ほとんどは内臓反射によるものです。

内蔵の機能低下が症状の原因となっているわけです。

そして、内蔵の機能低下は、“気”の滞りが関係しています。

“気”の滞り→内蔵の機能低下→内臓反射→痛み、しびれ

ですから、施術は関節の可動性を調整するために、関節の手技をしたり、軟部組織の緊張を和らげる操作をするのではなく、“気”の滞りを整える調整をしていけば、内蔵の機能も高まっていきます。

内蔵の機能が高まっていけば、症状も改善しやすくなります。

そして、関節の可動性も正常な状態に近づいていきます。

めまいの原因

めまいの原因は

・耳(内耳)が関係するもの

・脳の血管が関係するもの

・血圧の異常

・肩、首周りの筋肉の緊張

などが一般的に言われています。

しかし、私は上記のことはめまいとは関連がないと考えています。

めまいが起きるしくみ

“気”の滞り

内蔵の機能低下

頚椎1番、仙腸関節の部分の靭帯

めまい


めまいの大元の原因は、“気”の滞りにあります。

そして、その影響で内蔵の機能低下が起こり、さらに内臓から頚椎1番、仙腸関節の部分の靭帯に反射が起こってめまいの症状が出ます。


頚椎1番の部分の靭帯

この部分に反射が起きると、回転性めまい、動揺性めまい、浮動性めまい、立ちくらみの症状が出ます。


仙腸関節の部分の靭帯

この部分に反射が起きると、ふらつきの症状が出ます。

交通事故やラグビーなどのコンタクトスポーツをやっている人に多いむち打ち損傷によって、めまいの症状が出ることも少なくないです。

この場合は、むち打ち損傷によって内臓器官が影響を受けて、その結果反射が起こりめまいの症状が出ます。

いずれにしても、西洋医学とは別の見方でめまいの症状を捉えています。