FC2ブログ

整体講習受講生募集

症例
施術前

施術例
施術後


PRYバランス療法は、アプライドキネシオロジー(AK)の考え方を応用して私独自の理論で作り上げたものです。

施術する場所が分かるというTP検査という検査法を取り入れました。

このTP検査を取り入れることによって、施術部位を絞り込めるようになり、施術時間の短縮そしてなにより一番の収穫は、無駄な刺激を被施術者に与える事がなくなったため、施術効果が向上したことです。

施術方法も、全く違った発想の基に変更を加えました。


その他に、B操法、C操法もあります。



検査

椎骨の棘突起に順番に軽く押圧を掛け、その反応を殿屈検査などで見ます。

一番殿屈検査が揃った椎骨を施術する部位に決定します。

その椎骨に関連する反応点に施術します。


この検査方法を、施術部位( therapy part)の頭文字をとってTP検査と名づけました。


施術方法

施術方法は、TP検査で見つけた椎骨に対応した反応点に対して調整を施します。

反応点は、一ヶ所のみです。

以前は、3ヶ所のポイントの調整をしていましたが、現在は、3ヶ所のポイントではなく、一ヶ所のポイントのみの調整に変更しました。

一ヶ所の反応点だけの操作というのは少ないように思われますが、先に言ったようにどこを施術すれば効果が一番出るかという事を、TP検査で見つけていますので、一ヶ所の反応点の操作のみで十分目的を達する事が出来ます。

目的というのは、言うまでも無く内臓などの機能を高めることです。

どんな施術法でも、施術が上手くいけば、内臓などの機能を高めることができ、その結果症状が改善されていきます。

※上記した検査法、施術法はA操法についての説明です。



受講費 

    A操法 200,000円(全3回)

    B操法+C操法 300,000円(全5回)
     
     
定員:6名

場所:可児市内

日時・場所:随時

講師:斉藤年彦

お願い
・録画、録音はご遠慮願います。(メモはおおいにおとり下さい。)

・持参品
 ジャージなどの動きやすい服、タオル

お問い合わせ

どこを調整すればいいのか

整体を行う時、どこを施術すれば一番症状が改善できるか

全ての手技療法家が考えることです。

そのために皆さんいろいろ勉強されているのだと思います。

いろいろなセミナーへ行ったり、独学で勉強されたりと。

私もいくつかのセミナーへ顔を出しましたが、どこを施術すれば一番良いかということは教わったことはありません。

たまたま私が行ったセミナーが、そうだったのかもしれませんが。

だいたいの技術セミナーは、部位別(頚椎部・胸椎部・腰椎部など)にこの部分をこのように操作すると、効果が出ますよという教え方をしています。

いわゆるマニュアル的な施術法です。

その方法でもある程度効果は出せます。

しかし、慢性化した症状や、体中いろいろなところに症状がある場合は、その方法では改善しにくいです。

部位別の施術法だと、症状が出ているところが多い場合、次々と操法を繰り出して結果的に過剰刺激になってしまいますから、あとが大変です。

それを防ぐには、どこを施術すると一番体のバランスが整うかを検査して施術するのが一番効率的です。

施術部位の特定


とは言っても、手技療法で施術部位を特定するということは難しいです。

足首を捻挫して足首のところが痛むとか、突き指をして指が痛むということでしたら、直接その痛むところを施術すれば症状は消えますので何も問題はありません。

しかし、何もしていないのに例えば腕が痛くなったとすると、さてどこを触ったら腕の痛いのが良くなるのかとなります。

常識的考えれば、腕に関係するところを検査してみて原因が特定されればそこを施術すればだいたい腕の痛みは消えます。

ところが、腕に関係するところを検査してみて目星をつけてここだろうと思って施術して少し痛みは良くなるが、結果がどうもということがあります。

そうなると、体中を調べて問題のありそうなところを一つ一つあたっていって施術するということになります。

それで問題が解決すればよいのですが、それでも全身をくまなく探るということは検査の時間がかかってしまいます。

そこで私は視点を変えて考えました。

「ここを触って欲しい」という体自身が発する声(いわゆるボディーランゲージ)があると思いいろいろ調べました。

調べた結果、頚椎から仙骨まで順番に指で押圧すると、一ヶ所だけ他の椎骨と比べて反応が大きいということが分かり、そこを施術してみると一番体のバランスが整うということが分かりました。

脊椎の一ヶ所を調整することによって、全身の筋肉の硬結部分に影響を与えて、その緊張を緩和させることができるわけです。

この方法を使うと検査・施術する時間が短くて済みます。

体を施術する前に体中を調べる検査を行って施術する方法は、なにより時間もかかりますし見落としが出てくる恐れがあります。

見落としがあると、施術してもあまり体のバランスが整いませんし、症状が改善されないことも出てきます。

私の考えた方法ですと、見落とすということはありません。

体のバランスを整えるというと、何か力で強引に背骨を矯正して骨格を形だけ整えるというようなイメージがあります。

しかし、私のやっているのは、ほとんど力を使わず施術ポイントに触れるだけのような刺激で施術します。

決して強引な施術方法ではありません。

10年20年の慢性の症状の人をこの方法で検査して施術しても、すぐに劇的に変化する人ばかりではありませんが、少なくとも何らかの変化を感じていただけます。

良くなっていく兆候を感じていただければ、慢性の症状の人に希望を持っていただけます。

どこを調整するかによって結果がかなり違う


手技療法にはさまざまな施術方法があります。

椎骨にアプローチしたり、筋肉にアプローチしたり、また筋膜にアプローチしたりして、いろいろな部位を調整します。

例えば、筋膜にアプローチするなら、どこの部分の筋膜にアプローチするかによって、結果が違ってきます。

腰に痛みがあるから、足を牽引して腰椎・骨盤部の筋膜を緩めるという手法(直接法)があります。

この手法はやり方を間違えると、変化が少ないか、または逆に悪化させるということになりかねません。

この場合の直接法は、施術する部位の直接法です。直接法ですから、症状のある部位を施術します。

施術部位の間接法は、症状とは離れた部位を施術する方法です。施術部位の間接法は、遠隔調整とも言います。

施術部位の直接法は、症状のある部位にアプローチしますので強い症状がある時は、上記したように症状を悪化させる可能性もありますので、より慎重に施術する必要があります。


一方間接法は、症状のある部位を施術しませんので、悪化させる危険性は少ないです。

しかし、逆に言えば、間接法は正確に調整をしないと、症状のある部位にあまり影響を与えることができないので症状の改善具合が少なくなります。


PRYバランス療法の考え方は、この施術方法の分類に当てはめると施術部位の間接法になるかなと思います。

ただ、施術する部位が症状のある部位になることもありますので、結果的に間接法と直接法の両方をやることとなる場合もあります。

身体の動きで施術部位がわかる?


施術をする時、身体のちょっとした動き(歩き方など)を見れば、どこを施術すればわかると言う人がいます。

ちょっとした身体の動きでわかるとすれば、身体の歪みなども触診などをしなくてもわかるはずです。

もし、そうだとしたらすごいことですが、私はその考え方に疑問を持っています。

なぜ疑問を持っているかと言いますと、身体の動きや歪みなどは結果であって原因ではないと考えているからです。

ですから、結果をいくら施術しても対症療法にしかなりませんので、たぶんそれほど効果は望めないでしょう。

身体の動きなどで原因がわかるとすれば、解剖の本がいろいろ出ていますから、それを読んで一生懸命勉強すれば施術ができるようになるはずです。

でも、現実にはいろいろな種類の技術セミナーに行って、施術が出来るように頑張って勉強している人が多くいます。

もちろん、技術セミナーに習いに行くには身体の基礎的なことがわかっていないと内容が理解できませんから、解剖などの本による勉強は必要です。

手技療法は、どこを調整すれば良いかを見つけることに尽きます


あるブログを見ていたら、オステオパシーの創始者のA・Tスティルは、オステオパシーをやる前は、磁気療法をやっていたそうです。

磁気療法は、俗に言う手かざし療法などのエネルギー療法を指します。

カイロプラクティックの創始者のD・Dパーマーが磁気療法をやっていたのは有名ですが、A・Tスティルが磁気療法をやっていたのは意外でした。

私もエネルギー療法のセミナーに参加して、やり方を習得しましたが、エネルギー療法のやり方を習得しても、それだけではそれほど効果は出せません。

なぜかと言うと、体のどの部分にエネルギーを加えるかが分からずに施術を行っても、それほど効果が出せないからです。

逆に言えばエネルギー療法を習得しなくても、体のどこを施術すればいいかがわかれば、どんな刺激でも、かなり効果が出せます。

刺激は、手技でも、電気療法でも、超音波でも、カラーセラピー(色彩療法)でもなんでもかまいせん。

要は、刺激するべき部位にしっかり刺激が伝われば、どんなものでもいいわけです。

もちろん、刺激するものによって刺激の仕方を工夫する必要はあります。


いろいろなセミナー、研修会に参加してテクニックを身につけるために勉強している人が多いです。

しかし、テクニックばかり身につけても、あまり意味はありません。

テクニックを数多く身につけたとしても、どこを施術したら良いのかわからなければ、宝の持ち腐れになってしまうということです。

プロフィール

氏名:斉藤年彦

1955年9月27日生まれ 

福井県敦賀市出身

岐阜県可児市在住

1992年より整体を始める。

最初は、関節に対する施術を行っておりました。

しかし、関節に対する施術だけでは変化しない症状もあり限界を感じておりました。

ある日、書店で「無痛で痛みを取る本」という本を見つけ、

さっそくセミナーに参加し始めました。

セミナーの名称は、しんそう療法と言います。

しかし、セミナーに通って技術を教えてもらってもすぐに使いこなせるものでもありません。

と言って、関節に対する施術よりも結果は良いですし、ソフトな調整ですので年配の人や小さい子供でも施術できました。

その後、しんそう療法から理学整体に移りました。

1995年理学整体を退会。


理学整体退会後は独学で勉強し始め、その間単発のセミナーに参加。

現在に至ります。

整体施術の習得は形から入る?


以前行っていた研修会では、いろいろな操作法を教わりました。

足首の調整・股関節の調整・肩関節の調整・手首の調整する方法などです。

例えば、足首を調整して調整が上手くいけば、体の連動で全身に調整力が及び姿勢が変化し症状が緩和されます。

足首の調整の操作自体は、シンプルな動きなのですが理屈が分からずほとんど使用しておりませんでした。

他の研修生の人も私と同じで、理屈が分からず難しいと言っていたように記憶しています。

しかし、解剖書を何度も何度も読んだり、他の整体などを参考にしていろいろ考えているうちに操作の意味が分かりました。

操作の意味が分かると、操作自体はシンプルな動きですから不器用な私でも簡単にできるようになりました。

一つの操作の意味が分かると、他の操作も考え方は同じですから簡単に出来ました。

他の整体のセミナーでは、施術法というのはまず形を覚え練習してそれからいろいろ考えなさいと指導されます。

私もそのように教わりました。

今でもそのように指導する、研修会が多いようです。

しかし、私は逆のように思います。

まずその操作法のやり方と意味を一通り説明してもらって、それから練習するのが順番かと思います。

そうすれば練習するうちに、操作のコツなども徐々に分かってきて正確な操作ができるようになり施術結果もあがってくると思います。

逆にまず形を覚えて練習していく方法だとある程度さまになってくれば簡単な症状でしたら改善させることができます。

しかし、意味が分かって操作をしているわけではないので、まぐれの施術になるような気がしますので一向に施術が上達しないのではないかと思います。

姿位の設定

自然

姿位の設定は操作したい部位を緩めやすくするために行う


姿位の設定というのは、操作したい部位を緩めやすくするために手や脚などの位置を決めることを言います。

操作する部位によって手の位置を決める場合もありますし、脚の位置を決める場合もあります。

手の位置を決めるか、脚の位置を決めるかは施術部位によって決まります。

そして、操作部位によって手や脚の位置も決まっています。

ただ、操作部位によって手や脚の位置が決まっていると言っても、その時の受者の体のゆがみ具合によって、毎回位置は違ってきます。

こういった細かい設定などは、他の整体のやり方を参考に自分で研究しました。


ところで、オステパシーのカウンターストレインも姿位の設定を行って施術を行っているようです。

カウンターストレインの場合は、手足の位置を決めるのではなく、調整したい椎骨によって体幹の位置を決めています。

ただ、腸骨や四肢を施術するときは、手脚の位置を決めるようです。

姿位の設定をすると体の整い方が違う


以前、ある実験をしました。

それは、姿位の設定をした時としない時では、体の整い方がどれだけ差が出るかというものです。

実験で使うやり方は、エネルギー療法を使いました。

実験の結果は、姿位の設定をした時を100とすると、姿位の設定をしない時は50~60位の体の整い方でした。

体の整い方を判定するには、バンザイ検査を使いますので、簡単にわかります。

姿位の設定をしない時は50~60位の体の整い方ですから、筋肉の緊張と弛緩のバランスの取れかたも50~60になるわけです。

当然施術をしたときは、症状の改善の仕方も弱いということになります。

実験ではエネルギー療法を使いましたが、体を刺激する方法はどんなやり方でもいいわけです。

骨をアジャストしてもいいし、筋肉を操作してもいいわけです。

何らかの刺激(エネルギー)を体に加えて体を変化させると、体から東洋医学で言う邪気が体から抜けて姿勢が整ってきて症状が変化していくわけです。

姿位の設定をすると邪気が抜けやすくなる


体が歪んでいる時の状態というのは、東洋医学的にいうと気の流れが悪くなっています。

何らかの方法で体が調整されると、滞っていた邪気は手や足の先から流れて行きます。

その何らかの方法で体を調整する時、姿位の設定をすると滞っていた邪気を流れやすくなります。

気の操作というと鍼灸や気功を思い浮かべますが、骨をアジャストしたり筋肉を操作して体を調整することも気の操作をしていることになるわけです。

姿位の設定の具体的な方法は、体の歪みが一番変わるポイント(椎骨)を見つけたあとそのポイント(椎骨)に対応した手や足の角度を設定します。

手足の角度を設定することによってより邪気が流れやすくなって、体の歪みが改善されていき症状が緩和します。